海のシルク 琉球ウェディング

sango03

生命を終え、風化して堆積する珊瑚のかけら。

それは数万年をかけて次第に海の砂へと形を変えていきます。

現在、さまざまな要因で増えつつあるこうした風化造珊瑚礁を資源として有効利用し、次世代の珊瑚の育成に役立てようというプロジェクトが、今、沖縄で進められています。

新しい繊維素材「海のシルク」は、風化して白く脱色された珊瑚から良質のファイバー材料を得られることが発見されたのをきっかけに、試行錯誤を経て開発されました。